おすすめPCゲームの話題は…

RPG制作開始

今さらですが、約10年ぶりに「RPGツクール2000 VALUE!+」を使って、RPGの制作を始めました。

 

この「RPGツクール2000」シリーズ、初版の発売は2000年4月5日。もう13年も前になるんですね。その後、2003年には廉価版の「RPGツクール2000 VALUE!」、さらに9年後の2012年には、素材を追加収録した、Windows8対応の「RPGツクール2000 VALUE!+」も発売され、しぶとく生き残っています。

 

古いソフトだけに、画質は低くレトロな印象は否めませんが、何と言っても動作が軽い! もちろんPCの画像や音声を取り込めるので、完成度の高いオリジナル作品を作成可能! といった特徴がロングセラーの要因でしょうか。

 

「RPGツクール2000」以外のシリーズとの比較は、こちらのサイトが参考になります。

 

【最安値】オススメのRPGツクールはどれ? 価格と性能で比較

 

さて、制作中のRPGですが、ひと言で言えば冒険活劇。イエス・キリストの脇腹を刺したとされる聖槍(ロンギヌスの槍)をめぐって渦巻く野望・陰謀。果たしてその結末は…? という雰囲気の物語です。

 

世界観はファンタジーっぽいけど、ストーリーにはハードボイルドの風味も持たせたいんですよね。

 

素材ですが、REFMAP(公式サイト → First Seed Material)で配布されているサンプルゲームのものを使わせてもらっています。ネット上には数多くの素材が公開されていますが、REFMAPの素材は顔グラフィック・キャラクター画像・マップチップいずれも種類が豊富で、クオリティも高いのです。使用可能な素材が非常に多いというのも、「RPGツクール2000」シリーズの大きなメリットですね。

 

この作品、なんとか今年中に完成させるべく、鋭意作業中。不定期的に進捗状況を掲載しますので、よろしければご覧になってください。


ゲーム作品リスト ツール作品リスト ゲームレビュー おすすめ書籍&サイト