おすすめPCゲームの話題は…

シヴィライゼーションIV

人類文明の歴史と発展をテーマにしたターン制のストラテジーゲーム。

 

私は10年以上前に「シヴィライゼーションII」をプレイして、はまってしまいました。昼夜逆転の中毒……とまではいきませんが、休日は朝から晩までのめり込んで、さすがに尿意と空腹を感じて立ち上がったら、腰の痛みと立ちくらみでふらふらバタン……というような状況に。

 

だいぶ記憶が薄れていますが、世界七不思議のひとつ「ダヴィンチの工房」を建設すると、技術革新に対応してユニットが自動的に最新版になるという効果がありましたよね。ストレス解消のために、難易度を低くしてイケイケドンドンで他文明を征服……というプレイしかしていなかったような気がします。10年前、ストレスたまってたんだな。

 

それはさておき、シリーズ中で最も評価の高いのが「シヴィライゼーションIV」のようです。

 

「シヴィライゼーションIV」の本体+拡張2作品すべてが揃う、お買い得なセットです。

 

長所
  • 難易度を選択できるので、いきなり挫折とか速攻で飽きるということがない
  • ターン制なので、人類の歴史を追体験しつつ、じっくり考えながらプレイできる
  • 外交システムが秀逸で、緊張感を持続できる
  • MODを導入すれば、標準とは違った世界観やルールでプレイできる
短所
  • 中毒性が高く、一度始めるとやめるのが非常に困難

 

最後に、amazonのレビューで、わが意を得たりと思わず頷いたコメントを紹介して締めたいと思います。

 

ファンの間では麻薬的歴史百科事典と呼ばれる廃人養成ゲームです。あと1ターンだけ、あと1ターンだけと何かに取り憑かれたかのように独り言を繰り返しながら、気付いたら陽が昇っていた。そんな生活があなたを迎えてくれるでしょう。


ゲーム作品リスト ツール作品リスト ゲームレビュー おすすめ書籍&サイト