おすすめPCゲームの話題は…

銀河英雄伝説 4 EX

1997年発売のかなり古いゲームですが、コアなファンが存在します。なんといっても、田中芳樹氏の名作スペースオペラ「銀河英雄伝説」をゲーム化したものですから。

 

原作を読んでいるのといないのとでは、没入度が違います。というか、そもそも原作を知らない人はプレイしないか……。ちなみに「銀河英雄伝説」はアニメ化もされています。

 

さて、ゲームのほう、シリーズ化されていますが、この第四作がシリーズ最高との評判。

 

出世・昇進をひとつの軸とした戦略シミュレーションゲームであり、プレイヤー自身が、原作の世界に身を置くことができるというところが、コアなファンに受け入れられたからだと思います。

 

まず、登場人物の中からプレイするキャラクターを選んでゲームを始めます。元帥・大将という高級軍人で始めると、冒頭から大艦隊を率いての艦隊決戦にチャレンジできますが、このゲームの醍醐味は前述のように“出世”であり、少将あるいは大佐(プレイヤーが選択できるのは少将以上だったかな?)あたりを選ぶと、なかなかリアリティのあるジレンマに悩むことができます。上官に意見具申しても受け入れてもらえず、不満を感じながら、しぶしぶ出撃しなければならないとか……。

 

無能な上官の下で働くことに耐えられなければ、ひたすら功績を積んで階級を上げるしかありません。やがて、旧上官との地位が逆転すると、配下にしてコキ使おうが、「無能者!」と一喝して追放しようが思いのままです。

 

また、「亡命」や「クーデター」などを使って、原作ではありえない展開に持ち込むことも可能。銀河の歴史が大きく変化していきます。

 

「銀河英雄伝説 IV」以外は、シミュレーションゲームを謳いながら、その実、シューティングもどきだったり、せいぜい原作の登場人物を数値化だけの戦術シミュレーションなんですよね。

 

今となっては、グラフィックも古めかしく、戦術レベルでの操作に難がある(艦隊編成の工夫や偽装工作は可能)など、改良の余地は大いにありますが、戦略を重視した正当なリメイク作品って、作っていただけませんかね。「たとえ、1万円しても買います」といった原作ファンの声もあります。

 

ところで、1年ぐらい前に「銀河英雄伝説ブラウザ」というオンラインブラウザゲームが開発されるという動きがあり、私も第一次先行テストに参加したような記憶があります。ところが、あまりにも内容が酷かった(カードゲームもどき?)ので、正式版がリリースされてもプレイすることはないな、と、その存在を忘れていましたが、2013年5月24日に運営会社が開発中止を発表していたようです。


ゲーム作品リスト ツール作品リスト ゲームレビュー おすすめ書籍&サイト