おすすめPCゲームの話題は…

太閤立志伝V

日本史をテーマとしたゲームには、やはり戦国時代を舞台としたものが多く、その中でも大名として天下統一を目指すというのがほとんどですが、「太閤立志伝V」に関して言えば、その枠に収まりきらない自由度の高さが売り。

 

武士→大名プレイはもちろんですが、海賊・忍者・商人・剣豪・鍛冶屋・医師・茶人の、なんと8種類の職業を選んでプレイができるのです。その道一筋に極めるのもよし、転職もよし。

 

さらに、プレイヤーが作成する架空人物も登場させることが可能だし、Windows版では公式サイトから入手できる「イベントコンバータ(イベコン)」を使って、プレイヤーがスクリプト形式で自由にイベントを作成することも可能です。

 

ユーザー作成イベントを導入して、こんなプレイをしてみました。

  1. 商人になって商家に奉公する。
  2. 暖簾分けをしてもらって独立し、莫大な財産を作る。
  3. 並行して、片腕となる人材(ユーザー作成人物)を育成する。
  4. 狙いをつけた武家の御用商人になる。
  5. 片腕をその武家に仕官させる。
  6. 武家の当主・跡取りをむりやり急逝させる(セーブデータエディタ使用)。
  7. 自動的に片腕が武家の(傀儡)当主になる。
  8. 傀儡を通して武家に莫大な資金をつぎ込み、天下統一させる。

カネにモノを言わせて鉄砲や大砲を大量に購入させ、強力無比な軍隊を作り、他家や在野の有力武将は現ナマ構成で引き抜いて、錚々たる家臣団を形成させる……こんな夢のフィクサープレイで、黒幕として戦国時代を操る醍醐味を味わえます。

 

これは楽しさ満点! 詳細はこちらで → 「太閤立志伝5 攻略史」

 

合戦の妙を楽しむよりも、戦国の世を思いのままに渡り歩きたい方には、うってつけのゲームです。


ゲーム作品リスト ツール作品リスト ゲームレビュー おすすめ書籍&サイト